定期的に行えば長持ちします!

お鍋は持ち手と蓋のメンテナンスが重要です

使用した後のメンテナンス方法

汚れも焦げもすぐに落とせる柔らかいブラシでスキレットを洗うようにしましょう。
そうする事で、洗剤を使用しなくても綺麗になるようですし、傷によるダメージも少なくて良いです。
前の記事でも紹介したように、使用前に洗剤を使用すると書きましたが、それは表面い付いているコーティング剤を溶かす為に使用するのであって、購入した後に1度行えば十分です。
何度も使用する前に洗剤で洗う必要はありません。

料理を食べた後もしっかりと正しいメンテナンス方法を守る事によって、スキレットは何年でも長持ちします。
そのメンテナンスは、洗う前に、汚れをキッチンペーパーでふき取ってからにすると洗いやすいですし時短になります。
そうしてから、洗剤を付けて水洗いをします。
乾いたら油を塗り完了です。

錆びてしまった場合は?

きちんとメンテナンス方法を守っていたのにも関わらず、スキレットが突然錆びてしまう事もあると思います。
そのような場合にも身近にある物を使用して元通りにする事が出来ます。
錆びは水洗いしただけでは落ちにくい物であります。

その為、専用のクレンザーを使用して錆を溶かす必要があるのです。
なるべく、刺激が少ないクレンザーで手肌にも優しい物を使用しましょう。
そう言った物は最近多く販売されているのですぐに手に入ります。

メンテナンス方法は、錆のある部分をしっかりと火にかけて焼いて落としやすくしてから錆びを削り、最後にクレンザーで磨く事で綺麗なスキレットになります。
そして必ず最後には油を表面に塗って新たにシーズ二ングしてあげて下さい。


この記事をシェアする
TOPへ戻る